キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者の講習受講義務の切り離し : 監理技術者攻略ガイド

監理技術者の講習受講義務の切り離し

監理技術者攻略ガイド

監理技術者が必要な理由は、建設工事の適正な施工の確保を図るためだ。

監理技術者の講習受講義務の切り離し

読み物~

前回、監理技術者になるには、監理技術者にふさわしい資格が有る人と、講習終了証がなければ駄目だという話をしたが、平成16年3月から、資格者証取得の要件から講習受講義務が切り離されたため、資格者証は前回述べた資格があれば取得できる。

時期を同じくして、講習実施機関は、指定制から民間開放され、登録制となった。

平成20年11月から、公共発注工事のみに課せられていた5年内有効の講習修了証所持・提示義務が、民間工事においても経過措置なく拡大適用されるようになった。

監理技術者を現場で必要とする理由は、建設工事の適正な施工の確保を図る観点から、重要な社会的責務を負っている監理技術者には、施工技術や施工管理等についての高度な理解や最近の動向に関する知識が求められているためだ。

監理技術者講習は国土交通大臣の登録を受けて実施されている。