キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者の仕事内容 : 監理技術者攻略ガイド

監理技術者の仕事内容

監理技術者攻略ガイド

監理技術者の就職先によって、求められている技術が違う。電気だったり、機械だったり。

監理技術者の仕事内容

読み物~

監理技術者はメーカー、エンジニアリング会社、ゼネコン、サブコンと多様な需要がある。

だが専門的な分野もあるので、求人情報を見るときには、いったいそれが何の監理技術者なのかをよく確かめておく必要がある。

たとえば、商社で大手重工メーカーの子会社では、募集ポジションでは船舶用プロペラ・蒸気タービン等の現地据付工事・試運転が出来る人を募集していた。

そのため機械系、電気系専攻で関連業務経験が必要とされる。

仕事内容としては、現地工事指導にはじまり、出張は1週間から一ヶ月。

試運転を終えて顧客に引き渡す最終工程を担当する重要な役目でやりがいのある業務としている。

また別の求人では、プラントエンジニアリング会社で、上下水道プラントの制御、計装設備を中心とした施工管理業務をするようになる。

もとめられているものは、監理技術者(電気通信)の資格と、プラント施工管理経験。

よって一口に監理技術者といっても専門分野に分かれるということになる。